ハンドメイド作家の作品が売れるためのインスタグラム活用法(写真編)


%LAST_NAME%さん

こんにちは♪

 

ハンドメイドで
年収1000万! にする
ハンドメイド起業作家

清水 麻衣です。 

 

 

前回は、インスタをはじめたことを
報告しました♪

 

 

インスタグラムは
楽しみながらやるつもりですが、

それだけでなく、
「シゴトの一部」として使います。

 

そこで、私の今までの
アメブロやツイッター、Facebookなどを
シゴトとして使ってきた経験から、

インスタグラムでもスタート時に
気をつけたことがあるので、
それをシェアしたいなと思います。

 

 

私が気をつけたのは、この3つ。

 

1. 投稿する写真の方向性を絞り込んだ

2. プロフィールにゴールを設ける

3. 作品の写真には、さりげなく
  ブランド名を入れる

 

 

今日は、この中の
 
投稿する写真の方向性を
絞り込んだ

についてシェアします。
 
 

 
%LAST_NAME%さんが、
シゴトとしてインスタグラムを使うとしたら、
どのように始めますか?(´▽`)
 
 

私は始める前に、
いろいろな方の投稿を眺めるところから
スタートました。

まずは「研究」すること。
 
300cat9V9A9021_TP_V.jpg

使い方もそうですが、
それだけでなく、

使っている人たちが
「どんな風に使っているんだろう?」
という、ところも見ます。
 

インスタグラムを使っている人たちを、
プライベートなのか、シゴトの一部なのか。
ざっくりと分類しながら、眺めるわけです。
 
 
プライベートなら、自由になんでも
自分が好きなもの、共有したいと思うことを
なんでも載せていいんですよね(*≧∀≦)
 

ですが、シゴトとして使うのなら、

インスタグラムで
どんな効果を得たいのか

によって、投稿するものが変わってくる。

 

 
そして、インスタグラム自体の
特性を踏まえた上で、
それを考えないといけない。
 

 
インスタグラムは写真がメインです。

いかに写真が目を引くか、が
ポイントになるといっても
過言ではないと思います。

 
FacebookやTwitterも
写真が目を引くポイントではありますが、
インスタグラムは完全に写真がメイン。

一覧で見られますし、写真の部分の方が
文字が見える部分より大きいですしね。
 

 
だからこそ眺めていると、
気になるのは、

ハンドメイド作家さんだと思われるけれども、
投稿を一覧で見た時に、
一貫性・統一性がない投稿。

 

家族の写真、食べ物の写真、作品の写真、
制作風景、旅行の写真・・・
 

 
インスタグラムでは、
プロフィールを見に行くと、
写真の一覧も一瞬で目に入ります。
 
文字のプロフィール文章欄は狭いですから、
写真の一覧をメインで眺めるわけです。
 

 
その時に、一覧に出てきている写真が
ゴチャゴチャしているだけで、
 
 
・この人は、プロではないのかな?
・趣味の延長でやっているのかな?

という印象を受けます。

 

 
一覧の写真が、この人の作品だろうな、
という写真で埋め尽くされている方.
IMG_2471.JPG
参考:亀ジュエリー作家 佐々木 円さん
https://www.instagram.com/tedukuri.kame/

特にそのカラーというか、テイストが
はっきりしている方は、
「いいね」も沢山ついています。

なにより、印象にも残りやすい!(o’∀’)b
 
 

プロのハンドメイド作家としての
目線で考えるなら、

お客様が見た時に
どう見えるのか

を意識して欲しいと思います(o’∀’)ノ

 

 
お客様は、はじめて%LAST_NAME%さんの
プロフィールに来た時に、

そこに書いてある自己紹介と写真の一覧で、
「どんな人なんだろう?」と判断します。

 
 

もちろん自己紹介には、「作家です」とか、
「minneで販売してます」とか
書いてあります。

だけど、文字から得られる情報は
それだけです。
 

 
作家と分かっただけで、
作品を購入したいほど
興味を持ってくれる人は、ほとんどいません。
 

お客様(正確には、まだお客様になる前の段階)が知りたいのは、
 

どんな作品を作る人で、
私の欲しいものを
作っている人だろうか
 
という情報。

それが分からないと、「欲しいなぁ」という
気持ちになりませんから、
shopへは来てくれません(;ω;)
 
 

写真は、
時には文字よりも
「訴求力」があります。

一瞬で「欲しい!」と
思わせるチカラが
あります。

文章で伝えきれない、
自分の作品を魅せる
ことができます。
 

 
一覧に並んでいる写真が、
%LAST_NAME%さんがどんな作家なのかを
一瞬で表現し、説明してくれるわけです。
 
 

だから、
その一覧に並ぶ写真=投稿する写真を

「作家として魅せたいもの」
絞り込む必要があるんです。

 
 

私は、ジュエリーレジン®の作品と、
作品を作る際のインスピレーションが
湧くような色彩の写真のみを
投稿しようと決めてからスタートしました。
 

 
次回は、
プロフィールにゴールを設ける
 
をシェアしたいと思います(*´∀`*)ノ
ツールバーへスキップ