【ハンドメイド起業】「作れる」=売れる ではない!


こんにちは♪

 

ハンドメイドを
理想の働き方にする!

ハンドメイド起業作家
清水 麻衣です。

 
 
 
  
 
 
趣味を仕事に。
 
 
ハンドメイドを
仕事に。
 
 
 
 
 
数年前から、こんなフレーズが出てきたり、
実際にハンドメイドを仕事にしたいと
行動する人が増えてきました。
 
 
私自身も流行りは関係なく、
ハンドメイドを仕事にしたいと
20代前半から、行動してきました。
 
 
 
 
まずは作れるようになって、
販売を初めて、
 
 
それだけでは収入に繋がらないから、
今度は人に教えられるようにと、
資格を取って、講師活動を始めて・・・。
 
 
 
 
だけど、どれもがやってみても、
なかなか利益がでません。
 
 
もちろん少しは、売れたり、
人に教えることで、
収入を手にすることはできます。
 
 
 
 
お仕事にするのであれば、
経費のことなども考えるようになります。
 
 
また、自分の行動量利益
見合っているかどうかも考え始めます。
 
 
 
 
趣味の延長で楽しんでやっていたり、
お小遣い稼ぎなら、

そんなの考えずに、自分が楽しいと
思うことだけをすればいいんですけどね。

 
 
 
 
仕事にしたいと思ったら、できれば
今の収入よりは上になるようにしたい。
 
 
そう思っていませんか?
 
 
 
 
ハンドメイドを
なかなか仕事にできない人の多くは、
 
 
「作れる(技術)」があればいい
と思っています。
 
 
 
というよりも、
他に何か必要なことがあるとは、
全く気がついていないのが現状です。
 
4742dbb99a43973a2c26b50cfa71ac1f_s.jpg
 
 
 
 
「作れる」=売れる
ではないし、
 
 
 
 
「作れる」=教えられる
でもないし、
 
 
 
 
「作れる」=仕事になる
でもありません!
 
 
 
 
 
じゃあ、何が必要なの?
 
 
 
 
次回は、私なりの答えを
お話ししたいと思います。
 
 
今日も読んでいただき、
ありがとうございます!ヾ(*´▽`*)ノ
ツールバーへスキップ