作品に自信が持てないなら、まずは身近な人に喜んでもらおう!


自分史上最高の世界をプロデュース!
 
好きな色で作る宝石
ハンドメイド理想の働き方にする
【ジュエリーレジン®・アカデミー】主宰
 
 
「作品」も「未来」も自分で創る
ハンドメイド起業作家
清水 麻衣です。
 
 
 
 
 
こんにちは♪
 
 
12月2日のスタートUP講座の募集は
昨日で締め切らせていただきました♪
 
 
10日(日)は、まだお席があります。 

 
 
IMG_6040.JPG 
 
 
今回の講座で作れる作品は、
ブローチ、ペンダント、帯留から、
 
 
どんなアイテムとして
完成させるのかが選べます。
 
 
 
 
参加される方から、
こんなお問い合わせをいただきました。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
●制作アイテムなのですが、
 ブローチの留め具って
 どのタイプでしょうか?
 
 
 缶バッチのような針で
 上からさして、
 裏で被せて止めるタイプでは
 ないですよね?
 
 
 
 できればバッグとかに
 つけたいなと考えており、
 ブローチかネックレスタイプかで
 悩んでおります。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
自分で作った作品を、
どうやって使おうか。
 
 
ちゃんと考えると、金具なども、
どんなものなのかな?って
気になりますよね(´▽`)
 
 
 
今回のお問い合わせであったように、
ブローチの金具って、
いろいろなタイプがあります。
 
 
制作をしていたり、
アクセサリーが好きな方は、
金具に種類があることをご存知なので、
特に気になっちゃいますよね。
 
 
 
 
講座では、ベーシックなブローチ金具の、
お皿がついているタイプを
ご用意しています。
 
 
 
缶バッチの裏についてるタイプと
似ているものです。
 
IMG_6162.JPG 
 
今回は、金具を接着剤でつけて、
ブローチにしていただく予定です。
 
 
 
本来、金属同士の接着は、
バーナーなどを使い、
ロー付けもしくは、ハンダ付けという
加工が必要です。
 
 
 
金属と金属は、
接着剤で付けることは可能ですが、
 
 
強度としては、
ロー付けやハンダ付け加工したものに
比べると弱いですよね。
 
 
とはいえ、すぐにポロリと
取れちゃうような、
そんな弱いものではありません。
 
 
なにかに引っ掛けてしまった時や、
長く使っている場合など、
接着剤の方が、壊れる可能性が高い、早い、
というだけです。
 
 
 
もちろん、今回使う接着剤は、
金属同士の接着をできるものを使います。
 
 
そして、少しでも、強度UPのために、
丸い平らなお皿がついている金具にし、
接着面が大きくなるようにしています。
 
 
接着できる部分が、少ないよりは、
広い方が、しっかり付けることが
できるんです(o’∀’)ノ
 
 
 
ブローチは、縦長デザイン・横長デザイン、どちらにも対応できます。
 
IMG_6171.JPG 
 
帯留は、帯とのバランスが良いので、
横長デザインがおすすめです。
 
IMG_6169.JPG 
 
逆に、ペンダントは、
首元がすっきり見えるV字ラインが
作れるので、縦長デザインがおすすめ。
 
 
細めの40cmのボールチェーンを
バチカンで付けて、
仕上げていただくデザインです。
 
IMG_6165.JPG
 
チェーンをするっと、外せるので、
お好みで革紐などに変えたりすると、
また雰囲気の違う使い方ができますね。
 
 
 
自分で制作したものを、
どうやって使おうか考えるのも、
とっても楽しい時間です((´艸`*))
 
 
96b41faf2cde300a50a6f2e4fa1a09fc_s.jpg 
 
時期的にクリスマスもあるので、
友人や家族に
「こんな風に使ってもらえるかも?」
と考えながら作るのも良いですよね。
 
 
 
 
私は、プレゼントする人の
普段の服装やバッグとかを思い出しながら、
その人にどんな色が似合うのか考えたり、
形やアイテム決めをするのも大好きです♪
 
 
 
私にとっては、
モノ作りに集中できる時間は、
自分へのご褒美タイム(笑)
 
 
 
想いを込めて、丁寧に制作した作品で、
誰かに喜んでもらえたら、
もっと嬉しい!
 
 
 
身近な人に、
まず喜んでもらえることができたら、
自分の作品に自信を持つことができますね!
 
 
 
これをもっと多くの人に
体験してもらえたらと思って、
1dayで作品を完成させられる
スタートUP講座を開講しています♪
 
 
 
400IMG_4725.JPG
ツールバーへスキップ