ジュエリーレジンの真似されない工夫とは?


自分史上最高の世界をプロデュース!
 
好きな色で作る宝石
ハンドメイド理想の働き方にする
【ジュエリーレジン®・アカデミー】主宰
 
 
「作品」も「未来」も自分で創る
ハンドメイド起業作家
清水 麻衣です。
 
 
 
 
 
こんにちは♪
 
 
  
 
前回は、
ジュエリーレジンが真似されたら
どうするのか?について書きました。

読んでいない方は、こちら。

 
 
 
 
基本的には、真似した作品や、
似ている作品があっても、放置します(笑)
 
 
 
その人たちに、抗議するよりも、
真似されにくいようにすることに、
私は力を入れています。
 
 
 
 
自分で作った作品には、著作権はあります。
 
 
著作権は、なにかに登録しなくても、
制作をした時点で発生する
権利だということが、
一般的な解釈のようですね。
 
 
 
だけど、ハンドメイドの作品は、
似た作品があった場合、
どっちが真似なのか分かりません。
 
 
トラブルがあった場合、
どっちも真似じゃないと主張するはずです。
 
 
その時に、「真似された」と明確に分かる
証拠がなければ、自分の主張は通りません。
 
 
 
 
 
結局、ハンドメイド作品は、
真似され放題なのです(*>ω<*)
 
 
 
 
だから、自分の作品を真似されたくない、
パクられたくないのだったら、
自分で守る必要があります。
 
 
誰も守ってくれません。
 
 
 
 
◆ジュエリーレジンの
 真似されない工夫とは?
 
 
 
透明樹脂(レジン)で、宝石を作る
ジュエリーレジンを思いついた時、
誰でも、すぐに真似が可能なものだと
思いました。
 
 
なんたって、爪の枠に、
レジンを入れるだけですからね〜(苦笑)
 
IMG_6107.JPG 
 
 
私は、もともと法律の知識とかに
疎い方です。
 
 
それでも、まず「守る」ことを
優先しようと、考えました。
 
 
 
 
どうやったら、守れるのか、自分で調べ、
専門家に相談したのです。
 
 
 
 
そして、商標を取得することを、
ジュエリーレジンを思い付いてから、
3ヶ月で決断しました。
 
 
登録には、意外と時間がかかり、
2014年の8月に商標登録できました。
 
 
 
もちろん、商標登録には、10万以上の
費用がかかります。
 
 
専門の弁理士の方にお願いしたので、
その2倍以も実際はお金がかかっています。
 
 
 
だけど、

絶対に
守りたかった!!

 
 
 
 
なぜなら、
ジュエリーレジンを広げていくことを
決めていたからです。
 
 
 
この時は、まだ1dayレッスンと、
月1回の6回コースのレッスンしか
やっていませんでしたが、
 
 
将来的には、
ハンドメイドを仕事にできる人を
増やしていきたいと、
漠然と考えていたからです、
 
 
 
自分の元で学び、ジュエリーレジンで
ハンドメイドを仕事にできる人を
増やしていくためには、
 
仕事として、やりやすい環境を作ることが、
必須だと思いました。
 
 
生徒さんたちが、真似されて、
不利益を被るような状況にならないよう、
先行投資をしました。
 
 
 
 
真似されない工夫をしただけでは、
ありません!
IMG_6662.JPG
 
次は、真似しにくい工夫をしました。
 
 
 
それは、
「ジュエリーレジン」を
広めること。
 
 
 
ジュエリーレジンを広めていけばいくほど、
わざわざ主張しなくでも、
自然とジュエリーレジンが本物で、
他はマネなんだと世間は思うからです。
 
400IMG_0395.JPG 
 
 
ハンドメイドを
仕事にしたいのであれば、
 
 
自分の作品を
絶対に守りたいのであれば、
 
 
 
これくらいは、最低限必要なことだと、
私は考えています。
 
 
 
 
守る努力をせずに、
 
「真似された!」
「真似しないでください!」
 
と、叫んでも、なんの意味もありません。
 
 
悲しいけれど、これが現実です。
 
 
 
自分の作品やブランドを、
ちゃんと守っていきたい方は、
参考にしてみてください(o’∀’)ノ
 
 
 
 
実は、ジュエリーレジンは、

真似されない工夫

真似しにくい工夫と、

さらにもう1つ、
『真似できない工夫』もしています。

 
 
 
それについては、また次回、書きますね!
ツールバーへスキップ